活動紹介

 

活動紹介

活動紹介
 
経営環境
 
 平成28年度から「創造的自己改革への挑戦」を主題に地域農業振興と農家所得の向上を目指し、水稲資材の早期予約早期引取、利用高還元、湖西1号2号の成分の改善、酒造用米カントリー利用料の見直し、個袋出荷の無料庭先集荷、持込奨励により労働力の軽減とコスト削減を実践してまいりました。そして、30年産米以降の米政策を見据え消費先との結び付き強化を図り、平成29年産米から3ヶ年の複数年契約を提案させていただき将来にわたり安心して農業を営んでいただけるよう取り組んでまいりました。
 生活事業においては、地域のコミュニティ形成の一助として移動販売車を高島・朽木において運行し好評をいただいております。金融事業においてはマイナス金利政策により、超低金利市場の中ですが、組合員や地域から愛されてきたおかげと認識し、合併15周年独自のキャンペーンを展開、年度末には貯金残高344億円を達成することができました。
 共済事業では数十年来の大雪による雪害や落雷被害等においてJA共済の保障により生活基盤を支えることができました。しかしながら、まだまだ普及が足らない実態も浮き彫りになりました。また、8月より組合基盤再強化として後継者、女性を中心に地域深耕として組合加入促進を行い174名が新たに仲間となり、併せて増資運動も展開し3千万円もの出資をいただくことができました。
 
 本年においては、主食米の複数年契約の積上げと資材の見直しを進め農家所得の向上と地域からの信頼強化を進めるため、第5次中期経営計画第2年次として今まで以上に自己改革を推し進め地域の農業振興に役職員一丸となって取り組んでまいる所存です。
 
 
①指導事業
 
(米の品質向上対策)
定期的な営農情報の発行を行うとともに稲作現地研修会を開催し品質向上に向け取り組みました。
コシヒカリから秋の詩への作付け品種の転換を推進し、作期分散からの品質向上と収量増大からの農家所得向上に取り組みました。

(食の安全・安心対策)
消費者の農作物に対する安全性については、残留農薬・カドミウム検査を実施し、食の安全・安心に取り組みました。

(食農教育の推進)
地域の小学生以下を対象に、田植え、夏野菜収穫、稲刈り、味噌づくりなど農業体験を通して「食」と「農」について学ぶ取り組みをしました。

(環境保全型農業対策)
組合員を対象とした「JA西びわこ環境こだわりグループ」による環境保全型農業直接支払の取りまとめを行い環境にやさしい農業の普及に取り組みました。
 
(食のブランド化対策)
地域農産物の地理的表示(GI)取得に向けた取り組みを行い、地域ブランド力向上支援に努めました。

(生活面活動)
・女性部
グラウンドゴルフ大会やハンドメイド教室や目的別グループ活動を通じ部員間の交流を深めるとともに、親子農業体験や夏まつり、農業祭など地域の皆様とのふれあい活動にも参加しました。若年層向けに各種教室を開講しました。
また、愛の米ひとにぎり運動をはじめ、部員の皆様からの募金や、古切手収集、エコキャップ運動等福祉活動にも取り組み市内福祉施設へお米や売上金を寄贈しました。記事活用グループを発足し雑誌「家の光」を活用した活動を行いました。
 
・女性大学
第4期となる 女性大学“きらりんぐ”は、平成28年11月に、20名の受講生のもと開講しました。1年を通じ「料理教室」や「ポーセラーツ」等全8講座を受講いただいています。託児所の設置により、育児中の方も安心して講座に集中されており好評を得ています。
また、“きらりんぐ”が、仲間づくりの場となり、卒業後も交流されています。

(広報誌・日本農業新聞)
広報誌「みらい」を年間4回発行し、JA事業や各組織の活動・今後の予定を掲載するとともに今年度から新たに顧問弁護士による法律相談をQ&A方式で掲載しました。読者の興味を引く、分かりやすい誌面作りに努めました。
また、日本農業新聞への地元記事の送稿に積極的に努めた結果、83本の記事が掲載されました。
 
(法律相談)
本年度より淀屋橋法律事務所に顧問契約を行うとともに、組合員皆様の日常問題や相続などについて弁護士による無料法律相談を平成28年5月から毎月開催し22件の相談を受けました。また、事前予約制で相談内容は専用封筒により封印し、当日弁護士に直接お渡しいただくことで秘密は固く守られます。
 
 
②購買事業
(生産資材)
予約申込に対する新たなメリット対策により、予約申込率の向上に努めました。また、環境こだわり
栽培に適応する緩効性肥料と土づくり肥料の普及拡大に取組みました。

(生活資材)
組合員・利用者・地域住民のニーズを的確に把握することにより、より良い暮らしのお手伝いと、各種生活関連商品の提案・推進に努めました。
また、葬祭事業と連携し供養品・香典返しの利用拡大に取組みました。
 
③販売事業
(米)
「秋の詩」は、収穫前契約に初めて取組み有利販売に努めました。朽木地区において
は、コシヒカリ限定で販売先と結びついた取組みを実施いたしました。
飼料用米の作付け拡大に取組み、約118haの作付けをいただきました。

(野菜)
野菜の生産振興を図るため、野菜作りに興味のある方を対象に会員募集を行い、JA西びわこ野菜塾
を開講いたしました。
青果物の販売については、販売先・関係機関と連携をとり有利販売に取組みました。また、道の駅
の直売所では、栽培指導を充実させながら出荷量の安定化に取組んだことにより売上は順調に推
移いたしました。

(畜産)
素牛の導入から肥育牛の出荷まで、生産農家と協力しながら高品質で安全・安心な肉牛の生産に
取組みました。また、耕畜連携を推進し飼料の自給率向上に取組みました。
 
④信用事業
(貯金)
各種キャンペーン・渉外活動並びに窓口推進活動により、個人貯金の拡大に積極的に取組み、組合員の皆様に定期貯金を多くご利用いただきました。また、JAバンクと連携した年金相談会を年間を通じて開催し、親切・丁寧な対応を心掛けるとともに、フォロー活動を展開した結果、多くの皆様に年金受取口座をJAにご指定いただきました。

(貸出金)
住宅ローン相談会を年4回開催し、多数ご来場いただきました。農業融資については公的機関と連携し、ニーズに合った提案をさせていただいたことにより、前年度以上のご利用をいただきました。
自動車ローンにつきましては、JAバンクと連携した県下統一キャンペーンを実施し、若年層を中心に多くの皆様にご利用いただきました。

(年金友の会)
6月に年金友の会総会を朽木グリーンパークにおいて開催し、多くの会員の皆様に参加をいただきました。また、グラウンドゴルフ大会・日帰り旅行を開催するなど会員相互の親睦を深めました。お友達紹介キャンペーンを実施したことにより多くの皆様に新規加入をいただきました。
 
⑤ 共済事業
(長期共済)
組合員・利用者との接点確保に注力し、JA共済の優位性や入院保障が充実している「医療共済」、
「がん共済」を中心に、一斉推進と年間を通じての恒常推進により安全・安心の保障提案活動を行い
ました。

(短期共済)
提案型訪問活動により、JA共済の価格優位性を活かした自動車共済・自賠責共済の新規獲得や、
継続的における保障内容の充実を組合員・利用者へ提案し、恒常推進および窓口担当者が中心と
なり相談活動・保障提案活動を行いました。
事故処理サービスは迅速・適正・親切な対応により利用者満足度の向上に努めました。
 
⑥利用事業
(カントリーエレベーター)
適切な乾燥とローテーションを実施し品質事故防止と良質米の生産に努めました。収支改善策とし
て、飼料用米の作付け拡大に取組んだことで利用率が向上しました。
また、施設の修繕と定期的なメンテナンスを実施し、安全運用に努めました。

(葬祭事業)
組合員・地域住民の皆様方の葬儀に際し、「親切・丁寧」をモットーに、心のこもったサービスの提供に努めました。
また、定期的にホール見学会を開催し、ホール葬の利便性を説明・提案させていただくなどのPR活
動を通じてホール葬の利用件数増加に繋げる事が出来ました。
平成24年度の利用件数は172件でした。(自宅55件 ホール117件)
 
⑦農業倉庫事業
 適正な温度管理と倉庫間の在庫調整を行うなど、倉庫の効率的な運用に努めました。
 
⑧その他事業
(農地利用集積円滑化事業)
農地が担い手へ効率良く集積され、安定的に利用されるよう借り手と貸し手の仲介事業に取組み
ました。
西びわこ農業協同組合
〒520-1217
滋賀県高島市安曇川町田中104
TEL.0740-32-0012
FAX.0740-32-2577

───────────────
■まごころ葬祭受付専用(24時間)
フリーダイヤル
(0120)36-8545
《事業所一覧》----------------
■総務部
 TEL:(0740)32-0012
■金融共済部
 信用課TEL:(0740)32-0169
 共済課TEL:(0740)32-8011
■営農部
 TEL:(0740)32-1260
■生活部
 TEL:(0740)32-6380
■高島支店
  TEL:(0740)36-0032
■朽木支店
 TEL:(0740)38-2326
■本庄出張所
  TEL:(0740)34-0001
■まごころホール
 TEL:(0740)36-8545
■安曇川カントリー
 TEL:(0740)33-0157
■高島カントリー
 TEL:(0740)37-0425
-------------------------------
033396
<<西びわこ農業協同組合>> 〒520-1217 滋賀県高島市安曇川町田中104 TEL:0740-32-0012 FAX:0740-32-2577